エコリフォーム

大切なことは目に見えにくい

弊社のエコリフォームは、目に見えにくい部分に重点をおいています。最近の断熱技術などで紹介されているエコガラス や遮熱系塗料は環境に優しいことはもとより本当に「経済的」なのか?という部分に注目してみました。
経済的にお得であって、かつ健康に優しいことも重要です。最近エアコンを節約して熱中症になるという事故が増えてきています。 節約は健康あっての節約であるので、熱中症予防への意識も必要な事項です。
現況で断熱や遮熱に関しての方向は、完璧に近い状態を求めるのが通例となっています。たとえばガラスをペアガラスに 変える場合は住宅の全てを変更する等が良く見受けられます。確かに間違いのない方法でありますので否定はしませんが、 イニシャルコストがかかり、経済的負担が大きくかかります。
弊社は「調査」に重点を置き「必要な箇所」に「必要なもの」を配置し「費用対効果」を追及するスタイルを提供します。
最先端の技術と昔からの技術を組み合わせて、可能性へ挑戦してみませんか?
 
尚、株式会社大川組の環境事業は静岡県経営革新承認事業です。安心してお問い合わせください。

エコリフォームの手順

弊社のエコリフォームの手順を簡単に紹介します。
@お問い合わせ
お問い合わせを受け、お客様の要望事項を確認します。
A調査
内容を確認しながら現地での住宅環境と生活環境を、工事カルテと計測器を使用しながら確認します。
B報告書の作成
調査結果を元に、お客様の要望事項に合う工法選定の為、調査データーをまとめて報告書を作成します。
C提案
報告書を中心に、お客様の要望と工事の効果を照らし合わせながら、また予算に合わせながら工法を選定します。 工法を選定しながら専用ソフトで見積書を作成していきます。また、工法によって削減できる光熱費等を算出して 工事の有効性も確認しながら工事を決定していきます。
D工事着手
見積作成後、お客様が採用していただいた後に、工事を着手します。
E工事完了後
引渡しをし、工事後に環境の変化がどの程度あったかを測定し報告します。
 
上記の流れで工事を進めていきます。工事の有効性を確実にするため調査を行い、独自の計算方法でシュミレートします。 計算方法は、各専門書から必要な公式と必要なデーターを引用し、弊社の経験と調査での係数を加えて算出します。

エコリフォームの内容

調査
住宅の環境を調査し、工事の効果が確実に得られるようにします。
エコリフォームの調査内容はこちら
 
提案
環境調査後に報告書を作成して、それを元にお客様と工事内容を検討します。
エコリフォームの報告内容はこちら
 
工法
検討する工事の工法についてご紹介します。単独工法であったり複合で工事を組み立てたりいたします。
エコリフォームの工法紹介はこちら

最先端技術紹介


スーパードライミスト

2流体の濡れない霧が特徴です。圧縮された空気と水を噴霧し屋外での強い冷却能力を持っています。 屋外のイベントや休憩場等の冷却やきのこ栽培等幅広い可能性を持っています。 また、加湿器としても絶大な能力を有していてインフルエンザ対策にも優れた力を発揮します。


LED照明「スタークラスター」

次世代照明器機「LED照明」の「スタークラスター」です。写真は日本国内では類のない「フラットパネル式」のFLタイプ です。消費電力を抑えることで月々の経費を節約できます。FLタイプはLED照明器機の中でもずば抜けた長寿命の50,000時間という 性能を誇ります。当社OEM商品の中のひとつとなっています。