遮熱・断熱系塗料によるリフォーム

屋根からの熱
夏季における屋根から入り込む熱はかなりの量です。もともと屋根は素材によっては定期的にメンテナンスが 必要なものがあるので、そういった屋根に遮熱・断熱系塗料を用いる工法は適しています。
弊社において屋根への遮熱・断熱系塗装の選定は、2Fの生活環境改善にお勧めすることが多く、かなりの効果 が期待できるとシュミレーション結果とテスト施工での結果がでています。
塗料の種類
屋根系塗料にも、いろいろなメーカーから多くの種類が出されていますが、弊社リフォームでは「日本特殊塗料株式会社」 の「パラサーモシリーズ」を推奨しています。
パラサーモシリーズは、高い遮熱能力を有し、テスト施工では10℃から20℃も屋根温度を軽減するというデーターが得られて います。またパラサーモシリーズはカラーバリエーションが豊富で、遮熱・断熱系塗料では色の選択が少ないという欠点を 克服している塗料でもあります。さらに対候性を高めた塗料も用意されており、予算と費用対効果を重視する弊社のスタイル にも合いますし、長い歴史からの実績と経験がある信頼度の高いメーカーであることも推奨させていただく要因です。

弊社リフォームで使用する塗料は「パラサーモ」「水性パラサーモ」「パラサーモシールド」「パラサーモシリコン」等 があげられます。詳しい性能はパラサーモシリーズの性能
でご覧ください。

屋根への遮熱・断熱系塗装の利点と欠点

どんな工法にも利点と欠点があります。以下に屋根の改善における両者を挙げてみます。
利点
@通常のメンテナンスを含めて行うことができる。
A2Fの環境改善に非常に効果がある。
B取り壊し作業などがなく、改修に時間がかからない。(住宅を利用しながら改善できる)
C環境だけでなくデザインとしても楽しむことができる。
などが挙げられます。
欠点
@足場が必要な場合が多く付帯工事にコストがかかる。
A塗料の種類が多く、特性を把握していないと割高になる可能性がある。
B夏季には効果が高いが冬季には効果がない。
C対候年数が経過すると、工事が必要になる。
などが挙げられます。

ここで疑問があるかと思いますが、夏季に絶大な遮熱があるので冬季は寒くなるのでは?という 疑問を持たれる方もいらっしゃると思いますが、冬季には影響がほとんどないのです。理由はお問い合わせ いただいた際にきちんとご説明させていただきます。

エコリフォームの工法(照明)

消費電力の削減
消費電力の削減を図ります。
@照明をLEDに変えることで消費電力を削減します。
日常生活の中で比較的節約しやすいものの限界のある照明をLEDに変更して経費を削減を図ります。
照明変更の技術詳細はこちら

エコリフォームの内容

調査
住宅の環境を調査し、工事の効果が確実に得られるようにします。
エコリフォームの調査内容はこちら
 
提案
環境調査後に報告書を作成して、それを元にお客様と工事内容を検討します。
エコリフォームの報告内容はこちら
 
工法
検討する工事の工法についてご紹介します。単独工法であったり複合で工事を組み立てたりいたします。
エコリフォームの工法紹介はこちら

最先端技術紹介


スーパードライミスト

2流体の濡れない霧が特徴です。圧縮された空気と水を噴霧し屋外での強い冷却能力を持っています。 屋外のイベントや休憩場等の冷却やきのこ栽培等幅広い可能性を持っています。 また、加湿器としても絶大な能力を有していてインフルエンザ対策にも優れた力を発揮します。


LED照明「スタークラスター」

次世代照明器機「LED照明」の「スタークラスター」です。写真は日本国内では類のない「フラットパネル式」のFLタイプ です。消費電力を抑えることで月々の経費を節約できます。FLタイプはLED照明器機の中でもずば抜けた長寿命の50,000時間という 性能を誇ります。当社OEM商品の中のひとつとなっています。